木になる話

第6回 アーリーバードは朝の5時から打ち合わせできます!

第6回 アーリーバードは朝の5時から打ち合わせできます!

みなさんこんにちは!アーリーバードの井上賢二です。

私の会社は朝5時から打合せができます。
社名からしてアーリーバードですから朝はめっぽう強い。・・・といっても今まで実際に来社された方は朝の6時からが最高でしたね。そのときは退職されたご夫婦でこれから過ごす老後の家ということでつくらせていただいたときでした。
朝、うちの会社でコーヒー沸かしてトースト焼いて、ゆで卵作って、モーニングセットを準備したりしたこともありましたね。とにかく、うちは打ち合わせするのがお互い楽しいんですね。いっぱいプランを描きますし、じっくり話し合いますから。

但し、朝に現場周りや剣道にいったり、10キロほど走りにいったりもしていますから、予約だけは必要になります。「今日は大丈夫かな」っと思ったらピューっと仕事や趣味にでてしまうものですから。HPから予約いただければ、朝5時から深夜まで、土日祝日いつでもお会いいたします。

アーリーバードは徹底的にコストが掛からないように経営しています。
それは、経営コストをお客様に転嫁するのが嫌なことと、弱者の戦略です。資本力のある大手と同じ土俵では戦う気は全くありません。広告宣伝もほとんどしませんし、ローコスト住宅にも走りません。少ない受注でも十分に経営していける体制と、お客様にとって一番良い全体のコスト意識を考えています。会社の場所も賃貸ではありませんし、展示場も経費がかかりません。

建築業界でよくあるのが、仕入れや下請け業者を叩いて仕事をさせること。
利益率の低い建設業界において、下請業者は苦しいですからどこかで利益を出すためには「お金をいただいている指示以外のことは当然しない」「不備に気が付いても言わない」ということが起こります。だから、お決まりパターン通りの家しか作れないし、そこに工夫は生まれないわけです。(これがプラン住宅というもの)
建築工事には必ず「ここはどのように納めようか」と思う他業種との取り合いというものがあります。その時に、お互いの業種が少しの思いやりと協力がしあえる関係性とゆとりをもった現場を作り上げることが大切と考えています。コストばかりを見ている業者の集まりで建築はしたくないのです。

元請会社も人やその他の負担が多ければ、無理して受注しなければなりません。打ち合わせ、工程、集金方法など、とにかく早くと急がせる会社には気を付けた方がよいのかもしれません。
「5時から打ち合わせなんていう、とにかく経費の掛からない工夫はドンドン、トライしてみて、お役に立てるか実験してみたいと考えています。
こんなサービスをしたらというアイディアをいただいたら、是非、実験しますので教えてください!

■アーリーバードへのお問い合わせ
TEL:089-924-1000
FAX:089-924-8832
メール:https://www.early-b.com/contact/

■アーリーバードの生活が見える住宅展示場
https://www.early-b.com/exhibition/

常設展示場見学・無料相談のご予約
https://www.early-b.com/reservation/

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第79回 とても楽しい1年でした!!
第79回 とても楽しい1年でした!!
第5回 アーリーバードのちょっと変わった住宅展示場
第5回 アーリーバードのちょっと変わった住宅展示場
第1回 ネーミングは大切
第1回 ネーミングは大切
お問い合わせ・資料請求 展示場見学・無料相談のご予約
お電話でのお問い合わせ089-924-1000