木になる話

第86回 花粉症対策だけじゃない春の新商品の話

第86回 花粉症対策だけじゃない春の新商品の話

みなさんこんにちは!アーリーバードの井上賢二です。
前回、花粉症に悩む人への新商品「アレルピュア」のことを書きました。春は新商品の季節でもあります。知ってそうで知らなかった商品があったのでご紹介します

①掃除口付きトイレ
最近はエコ意識の向上で少ない水量で便を流すようになり、トイレの詰まりの一因になっていることを以前の木になる話にも書きました。高齢化社会になって介護時に大量のトイレットペーパーを流したり、ティッシュペーパー、トイレ掃除シート、おむつ、尿取パッドや下着、ハンカチなどを誤って流したりして便器が詰まり、最悪の場合には便器を撤去して異物を除去しなければならないこともあります。
そんな可能性がある場合には、掃除口付きトイレです。洋便器の形は昔ながらの形で、最近はやりのタンクレストイレのようにかっこよくないのですが、トイレに掃除口が付いているので、そこを開けると簡単に異物撤去ができます。

②日よけシェード
夏の熱中症予防に効果があるのが窓に日よけをすることです。松山でもよしずを立てかけている家をよくみますが、ひと夏で結構ボロボロになって処分に困るなんてこともあると思います。そこで窓メーカーから、外壁、天井、アルミテラスなどに取りつけるシェードが発売されています。シェードは目隠し効果、紫外線カット、日射カットなどの効果があり、不要な時にはロールスクリーンのように簡単に収納もできますから外観的にもきれいに納まります。私も数件取付けさせて頂きましたが、素材がしっかりしていますし、この春からデザインが増えて一層使い易くなりました。

③カバー工法サッシ
窓の断熱性能や防音性能などを上げるためには既存のサッシを枠ごと取り外して、新しくサッシを取りつけるという工事をかつてはしていました。現在では障子のみ撤去し、既存の枠に土台を取りつけて新しい窓を設置するカバー工法が主流です。カバー工法用サッシもだんだんよくなってきて、対応する窓の大きさ、デザインも多くなってきて本格的に使えるようになってきました。外部の水仕舞性能もよくなってきていますし、欄間付きの窓を1枚の大きな窓にすることでできますから、寒さ、暑さ、音などが気になる場合には採用を検討されればいいと思います。

それぞれリフォームで取りつけ交換できる商品です。生活の困りごとにあわせて工夫して使用すればよいと思います。みなさんのご意見お待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第73回 節水型トイレの問題
第73回 節水型トイレの問題
第66回 耐震改修と移住者対策補助金
第66回 耐震改修と移住者対策補助金
第65回 FRP防水のお話
第65回 FRP防水のお話
第64回 外壁材のお話
第64回 外壁材のお話
第62回 ドアやサッシの開閉が気になったら
第62回 ドアやサッシの開閉が気になったら
第55回 松山市わが家のリフォーム応援事業が始まりました
第55回 松山市わが家のリフォーム応援事業が始まりました
第50回 リフォーム詐欺に注意!
第50回 リフォーム詐欺に注意!
第36回 お問い合わせあるある
第36回 お問い合わせあるある
第35回 介護リフォームを望まれている方へ、適切な方法をご紹介
第35回 介護リフォームを望まれている方へ、適切な方法をご紹介
第17回 本当にリフォーム工事は増えるのか?
第17回 本当にリフォーム工事は増えるのか?
お問い合わせ・資料請求 展示場見学・無料相談のご予約
お電話でのお問い合わせ089-924-1000