木になる話

第108回 床仕上げ材にカーペットはいい!

第108回 床仕上げ材にカーペットはいい!

みなさんこんにちは!アーリーバードの井上賢二です。

前回の床材のお話をして思い出したカーペットのお話を今回はしたいと思います。近年はカーペットにダニが発生するというイメージから住宅にカーペットが使われることが少なくなっていますが、メリットを知れば使うべき床仕上げ材だとおわかりになるかと思います。

カーペットのメリットは
①保温性があるので冬暖か
②夏もさらっとした感覚の素材も多い
③吸音性があり階下で音が気になる場合には特にいい
④滑らないのでお年寄りや小さな子供に安全
⑤防ダニ加工がしてあるものはダニの発生を抑えられる
⑥フローリングよりほこりが舞い上がりにくい
⑦素材・デザインが多くあり選択肢が多い
などたくさんあるのです。

一番不安に思われているダニの発生ですが、確かに掃除をすると毎回ホコリや髪の毛など多く取れるのですが、フローリングでも同じこと。結局は掃除をしっかりするかの問題で、私の家では少し家具を移動してロボット掃除機のスイッチオン。簡単に掃除できるようになったのでアレルギー源の発生は全く気になりません。飲み物を落したりしたシミ汚れも、セスキ炭酸ソーダで簡単に落とせますからいつまでもきれいですし、タイルカーペットなどの置き敷きタイプは、簡単に取り外しができるので汚れた場所のみ自分で交換することができます。

古いフローリングの割れや段差の解消のリフォームを検討されている方にとっては、フローリングを貼るのではなく、カーペットを貼り足した方が安くコストがあがる場合もあります。

カーペットには多くのメリットがあり進化してきています。メーカー、種類、色、柄、機能など多くあり、いい商品が必ずありますので、検討してはいかがでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第102回 ロボット掃除機の話
第102回 ロボット掃除機の話
お問い合わせ・資料請求 展示場見学・無料相談のご予約
お電話でのお問い合わせ089-924-1000