木になる話

第109回 剣道用マスク(シールドタイプ)を作りました。

第109回 剣道用マスク(シールドタイプ)を作りました。

みなさんこんにちは!アーリーバードの井上賢二です。

コロナ禍で世界中が大変なことになっています。剣道の世界でも同様に深刻な状況が起こっています。剣道は小さな子供から70代、80代の高齢者まで楽しめる武道であり、大きな発声と狭い道場で密になって行うことがその原因です。剣道の最上部団体である全日本剣道連盟はいち早くそれに対し警告を発し、稽古の自粛を呼びかけました。6月10日付で「対人稽古自粛のお願い」は解除されましたが、「稽古再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」(以下「全剣連ガイドライン」)が制定されました。

その中で全剣連は、今後対人稽古を行う際は、必ずマスクを着用するよう言っています。全剣連がいうそのマスクとは口に接するタイプのもので、口から離れたタイプのものはシールドと呼ばれています。マスクは、面だけの場合に比べ飛沫飛散を約90%抑制し、シールドタイプ単独での使用は70%の抑制だそうです。このため、全剣連は、マスクの使用を必須とし、シールド単独での使用は推奨していません。マスクとシールドを併用すると飛沫飛散を95%近く抑制できること、シールドは相手からの飛沫飛散防止に効果があることから、併用を推奨しています。

弊社では紙製シールドタイプの剣道マスク(正式名称「KENDO PAPER MASK」)を3月から開発を始め、4月末に特許出願。5月末に商品として完成しました。その後、愛媛県内において10000枚の無償配布を始め、昨日販売用のECサイトも立ち上げました。https://kendomask.official.ec/

紙製の一番のメリットは交換できるため衛生的なこと。無償配布によりいろいろな良い点や改良のアイディアを頂いており、これからも改良を加え、全剣連の指針に沿いながら剣道の稽古が安心してできる商品に育てていきたいと考えています。みなさんのご意見をお待ちしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

第110回 剣道稽古用マスク(KENDO PAPER MASK)の効果
第110回 剣道稽古用マスク(KENDO PAPER MASK)の効果
第76回 剣道指導者としてのあり方
第76回 剣道指導者としてのあり方
第75回 剣道における礼の意義
第75回 剣道における礼の意義
第68回 剣道の指導者として
第68回 剣道の指導者として
第40回 剣道7段審査を終えて(その3)
第40回 剣道7段審査を終えて(その3)
第39回 剣道7段審査を終えて(その2)
第39回 剣道7段審査を終えて(その2)
第38回 剣道7段審査を終えて(その1)
第38回 剣道7段審査を終えて(その1)
第24回 「剣道を想う ~その3~」 年寄りでも強い
第24回 「剣道を想う ~その3~」 年寄りでも強い
第23回 「剣道を想う ~その2~」 剣道世界選手権を見て
第23回 「剣道を想う ~その2~」 剣道世界選手権を見て
第22回 「剣道を想う ~その1~」 なぜ剣道はオリンピック競技にならないのか?
第22回 「剣道を想う ~その1~」 なぜ剣道はオリンピック競技にならないのか?
第3回 子供たちこそ先生!
第3回 子供たちこそ先生!
お問い合わせ・資料請求 展示場見学・無料相談のご予約
お電話でのお問い合わせ089-924-1000