施主様インタビュー

家族の暮らしとともに変わっていく完全二世帯住宅の家

家族の暮らしとともに変わっていく完全二世帯住宅の家

他にも建築会社を回りましたが、みな1つのプランしか提示してもらえなかったのですが、アーリーバードさんでは最初から7つのプランを出してくれたんです。それでこの会社にしようと決めました
そう話すのは昨年5月に家を建てられたM様。

完全二世帯住宅を希望して、ホームページをみて来社されました。

最近、ようやく家に慣れてきたとお話になるお二人が、共通して喜んでいたのは「リビングやお風呂の暖かさ」。以前の家とは比べものにならないと話されます。

奥様が個人的に一番気に入っている点は特徴的な「廊下の収納スペース」。
それぞれの部屋にタンスを置いた場合、洗濯物を配らないといけなくなるのですが、アーリーバードさんの提案で、家族みんなの洋服を置くスペースをそれぞれの部屋の前にある廊下に決めました。1ヵ所に家族みんなのものを収納するだけなので、とても楽です」と嬉しそうに話します。

それぞれの部屋の前にある廊下に収納をまとめてとっても便利でした!
剣道の防具用の収納を玄関につくりました。

一方の旦那様は「意外と、駐輪場の位置とかサイズ感が気に入っています。全部お任せしたんですけどね...」と笑顔で一言。
もちろん、そんなM様にも家を建てられる前は不安がありました。
家を建てられた方が書いているブログなんかを見ると、連絡ミスなどで自分の思い通りにならなかったり、不具合があったりという話もあったので心配でしたね」と奥様。

たくさん打ち合わせしたプランをみながら

しかし「そんな不安があったからこそ、アーリーバードさんに決めたんです」「担当者が転勤したりしないですし、打ち合わせから最後までお二人でずっと見てくださいます。なによりお二人の人柄で安心できました」と会社を決めた理由を話されました。

防音になっているお嬢様のお部屋
仲良しの兄妹も満足

もちろん、家に住み始めて「おじいちゃんの家に神棚を作っておけば良かったかな」と言った要望も。今回のインタビュー中に、神棚を作ることが決まるなど、家族の暮らしとともに家が変わっていっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ・資料請求 展示場見学・無料相談のご予約
お電話でのお問い合わせ089-924-1000