施主様インタビュー

老後の楽しみが『家を作ること』

老後の楽しみが『家を作ること』

「やっぱり、夢のマイホームが欲しかったんですよ」

アーリーバード展示場の隣に家を建てて8年目のUさん夫婦は笑顔でこう話します。

家を建てる上での条件は、当時、中学生だったお子さんが転校しないで良い校区内、住みやすい環境。そんな中で、見つけたのが売り出したばかりだったアーリーバードの住宅地でした。

「大きな買い物ですけど、案外。迷いなく買いましたよ。1ヶ月くらいで決めたのかな」

「特に、話し合いっていう話し合いもなく、ここいいねって感じですんなり決まりましたね」

忙しかったため、ショールームなどもほぼ行かなかったというUさん夫妻。
最初から家のコンセプトは固まっており、夫婦揃って吹き抜けの家を希望されていました。

「いろいろ相談に乗ってもらいながら、ある程度、イメージ通りの家を作れたなと思います」

しかし、旦那さんは「現状に満足しているわけじゃない」とも話します。

「一回、作ったもので、はいOKじゃなくて、いろいろ変えていきたいですよね。老後の楽しみが『家を作ること』っていう感じで」

「今は、吹き抜けを閉じて和室を作ってもいいかなぁとか、床暖房にしたらどんな感じかなぁとか考えています」

実際、Uさんは玄関や外構などを家ができた後に手を入れていらっしゃいます。

「もちろん、自分たちの希望で家が建ったので、問題となるところは特にないです。けど、住んでいくうちにいろいろと状況が変わってきたりしますよね。そういう時に、すぐお隣だから相談できて良いなと感じます」

そんな旦那さんを奥様は「(単身赴任の)旦那さんが帰ってくるたびに、いろいろ家の変えたいところを話すんです。ずっと住んでいる私には気づかないところもあるみたいで」と話します。

家族の在り方とともに家の在り方も変わっていきます。8年経った今でも、密接な繋がりを持つアーリーバードだからこそ心して家を建てていただけるのではないでしょうか。

そんなことを体現するように、Uさん夫妻とアーリーバードとの交流は今でも密接に続いています。

「(アーリーバードで家を建てた住宅地の人で)定期的に集まってご飯を食べたりするのって、驚きですよね。BBQをしたりとか、奥さん同士が月に1回ご飯を食べたりとか」

お客様と販売者、その関係性以上の間柄がUさん夫妻と井上夫妻の間で出来ているようでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ・資料請求 展示場見学・無料相談のご予約
お電話でのお問い合わせ089-924-1000